Yota Miyachi Profile_01.jpg

BIOGRAPHY

Japanese music producer Yota Miyachi started his career as electronic musician from 2012.
In his career, he played guitar, bass and vocal in band before meeting synthesizer.
In 2012, he was obsessed by sound of synthesizer .
He started to play synthesizer and sequencer in Self Control System that is electronic music unit with Shunsuke Takasu.
They started live show in foreign places with worldwide.
His music is affected by techno, ambient music, chillwave, synthwave, house music and so on.
He put that essence that warm synths sounds, simple and tight groove machine drums and effected field recordings into his music.


プロデューサー・コンポーザー。

2012年にシンセサイザーの魅力に取り憑かれ、電子音楽の道を歩み始める。
幼少より触れていたピアノやオルガンなどの鍵盤楽器を中心に、アンビエントや環境音楽、テクノなどのダンスミュージックに影響を受け、自身の音楽に落とし込んでいる。
タイトなグルーヴのビートやアナログシンセの温かいレイヤーの上にシンプルなメロディやアルペジオを重ねながら空間をデザインしていく。

同じく日本の音楽プロデューサー高須 峻介とのユニットSelf Control Systemとして国内外でLive活動を行う。
現在は、Yota Miyachiとしてのソロ活動もおこない、chilloutな心地よい楽曲を主軸とした電子音楽のライブやDJなど、状況に応じて表現の方法を変えて活動している。

 
Yota Miyachi est un producteur de musique électronique Japonais.

Yota Miyachi

  • iTunesの - ホワイト丸
  • Spotifyは - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • SoundCloudが - ホワイト丸

POPULAR TRACKS

Purple(Feat.Kazuya Gomi,Taichi Arakawa)
Orange (Feat. Kazuya Gomi)
Blue (Feat. Makoto Okazaki)

ALBUMS

Artworks_RSS.jpg
Nature Tones Artwork リリース用.jpg
Chill Out Works '15.jpg